ホーム > エメラルド > バトルフロンティア


バトルフロンティアとは

エメラルドバージョンの新機能。

広い公園のような、水と緑に囲まれた敷地内にポケモントレーナーのための7つの施設がある。

スポンサードリンク


各施設紹介

バトルタワー

中央にそびえたつ施設。ルビー・サファイアよりもグレードアップし、シングルバトル、ダブルバトル、マルチバトル、通信マルチバトルに分けられた。

なんとバトルタワー内で弟子を作ることができる!

バトルピラミッド

暗闇の中にトレーナーや野生ポケモンがうごめく七階建ての迷路。トレーナーを倒すと出口へのヒントがもらえるらしい。道具持込禁止。

ルール
頂上を目指す。連れて行けるポケモンは三匹のみ。現地調達は可能。

月影さんのレポートはこちら。

スポンサードリンク

バトルパレス

性格によりバトルの影響が大きく変わり自分は戦いに手出しできないようになっている。

ルール
シングル、ダブルのどちらかに7人勝ち抜く。ポケモンの出し入れ以外全て命令不可能。

バトルファクトリー

用意されたポケモンをレンタルし、相手と戦う。

ルール
用意された6匹のポケモンから3体借り、7人抜きをする。勝つことで相手のポケモンと自分のポケモンをトレードすることが可能。

バトルアリーナ

3対3の勝ち抜き戦。3ターンで勝負が決まらなければ判定となり、判定は「心(攻める気持ち)」と「技(的確な技)」と「体(残りの体力)」で勝ちがきまります。

ルール
3匹のポケモンで7人抜きをする。3ターンで勝敗がつかない場合は判定で決まる。

バトルチューブ

ハブネーク風の建物。三つの道から一つ選び、ゴールまでたどり着くまで数々の難関をクリアしていく長い三択型迷路。野生ポケモンも出現する。

ルール
1番奥にあるゴール部屋までたどり着くこと。

月影さんのレポートはこちら。

スポンサードリンク

バトルドーム

16人ものトレーナーが壮大な激闘をくりひろげ、優勝した者がチャンピオンとなる、トーナメント式バトル!

出場ポケモンは3匹までで、試合前に相手ポケモンを確認できます。

ルール
トーナメントを勝ち抜くこと。出場ポケモンは3匹まで、そのうち2匹をバトルに繰り出せます。
ドームスーパースターのヒース
手持ち:ボーマンダ,フシギバナ,ラグラージ
ドームスーパースターのヒース(本気)
手持ち:メタグロス,ラグラージ,ラティアスorラティアス

その他の情報

ここでしか登場しないウソッキー

バトルフロンティア内に金銀ポケモンのウソッキーを発見しました。

Lv.40 持ち物:無し 特性:がんじょう 技:じたばた,けたぐり,いわなだれ,とうせんぼう

金銀と同じでホエルコじょうろで水をかければ戦闘になります。

ウソッキーを捕獲するか倒せば「アトリエのあな(ドーブルが出現)」への道が通れるようになります。

アトリエのあなとドーブル

バトルフロンティアの「アトリエのあな」は、ウソッキーにホエルコじょうろを使って倒すか捕まえるかすれば行ける。

ちなみに「アトリエのあな 2階」には右の方に「インドメタシン」が落ちています。

出現ポケモンはドーブル(Lv40〜48位まで)だけです。スケッチを使ってきます。


月影さんのレポート

バトルピラミッド

使用ポケモンは3体。自分の現在持っている道具は回収される。無論ポケモンには道具を持たせられない。 ただし、挑戦する前に「バトルバッグ」という物を渡される。 これはバトルピラミッド専用バッグで、初挑戦時、敗北時にはピーピーエイドとすごいキズぐすりが一個ずつ入っている。 バトルピラミッド内では、様々な道具が落ちているので、うまく使おう。 バトルバッグはゲーム終了時にまた戻すことになる。やっぱりポケモンに持たせた道具もバッグ行き。 ただし、2回目以降のプレイ時には前回と同じバッグを使うことになるので、一番最初よりは楽。 ピラミッドは7段まで。七段目をクリアすると、頂上に上がりクリア。5BPもらえる。 最初はとても暗いが、野生ポケモン、トレーナーを倒すごとに明るくなっていく。ムロジムと思えばよい。

バトルピラミッドでは、毎回パソコンの前に立っている女の人の予言を聞いておくといい。 一回目は、「麻痺に苦しむ。」 二回目は、「毒に苦しむ。」 三回目は、「やけどに苦しむ」 といわれる。 それぞれの発言により、出てくる野生ポケモンが異なるので覚えておいたほうがいい。

まず、一回目の「麻痺に苦しむ」は、 そのままのとおり電気ポケモンが多い。 出現ポケモンは、以下のとおり。 ・ピカチュウ ・マイナン ・プラスル ・ライボルト ・ラクライ ・ラフレシア ・キノガッサ ・キノココ 他にもいるかもしれないが、基本はこんなもの。 電気タイプ以外では、「しびれ粉」を使う草タイプ。 炎タイプなどでいったほうがいいだろう。

2回目の、「毒に苦しむ」は、草・毒タイプが多い。 ・バタフリー ・ロゼリア ・ルンパッパ  ・キノココ(かな?)・ハブネーク など。こちらは記憶が薄くあまり覚えていません。すいません.... ですが、ほとんどのポケモンが「どくどく」などの使い手で、「麻痺」の時と違い体力が削られていくのはキツイです。毒を食らう前にスパッと片付けましょう。

三回目の、「火傷に苦しむ」は、炎タイプですね。 ・ロコン ・キュウコン ・デルビル ・ヘルガー ・ドガース ・マタドガス ・サマヨール などなど。 特にヘルガーはなぜかソーラービームまで覚えてます。 ...なんでだろう? サマヨールは黒いまなざし、鬼火の使い手なので さっさと片付けないと困ったことに。

そして、三回目を頂上まで上り詰めたーっ! ...ってとこでまたやってきます。お決まりのリーダーさんが。 名前は忘れましたが、 使用ポケモンにはレジロックがいました。 伝説のポケモン使うトレーナーって....? 残念ながら、レジロック以外は見る前に殺されてしまいました。なぜか? ポケモンが全員火傷で、残ってたのがエーフィ一匹で火傷状態だったからですよ(うわぁ) ですから、三回目のプレイ時には、クリアする前にアイテムを根こそぎ拾い集め、火傷とかで傷ついたポケモンを直すためのアイテムなどを多く集めるべきです。 ちなみに、レジロックの技の少しをご紹介。(←全部見れなかった) ・げんしのちから・じしん・だいばくはつ 大爆発だけは用心してください。 傷ついてると、即死が決定します。 更に最悪なのは、負けるともう一度「麻痺に苦しむ」からの再スタートとなるところです。 そうなったら、また「毒」→「火傷」と進まなくては行けません。...はぁ。

バトルピラミッドのアイテムには、レアなアイテムが勢ぞろいです。 ・きあいのハチマキ・こだわりハチマキ・ピントレンズ ・たべのこし・ひかりのこな・げんきのかけら ・ピーピーリカバー・ピーピーエイド ・げんきのかたまり・聖なる灰 ・ヒメリの実・モモンの実・ラムの実・チーゴの実 ・クラボの実 ...などなど。

ついでに、バトルチューブのことももう少し付け足します。 あちらで野生として出てくるポケモンは、 ・ミロカロス・ハブネーク・サマヨール が、基本としてでてきますよ。

バトルチューブ

使用ポケモンは3体。14部屋でゴールができる。各部屋はランダムで、

  • トレーナー一人とバトル
  • トレーナー二人とダブルバトル
  • スタッフの人が体力を回復
  • スタッフの人が連れてきた強いトレーナーとのバトル(バトル後、体力を回復してくれる。)
  • 野生ポケモンが出てくる。
  • トレーナーの連れているポケモンに襲われる。
  • 戦わないが何かしらの状態異常になる。 (キルリアがどくどく、でんじはをしてきたり、サマヨールが冷凍ビームでこっちを氷付けにしたり。 しかも道具使用禁止なので、速くスタッフのいる部屋に入らないと相当キツイ勝負が待っている。)
  • 人がいる(バトル無し)何か情報をくれる。

一度クリアした後にもう一度入りクリア直前になると、 「これからお客様に恐ろしい出来事が起こります。」 などといわれ、部屋に入ると、 「チューブクイーンのアザミ」と勝負することになる。 戦闘の前に、スタッフが何体か回復してくれるが、 状態異常が残ってしまっているとキツイ。

アザミの使用ポケモン 1、ハブネーク 2、ツボツボ 3、ミロカロス 特に用心したいのは、2のツボツボ。 防御、特防が高い上に、どくどくと眠るを覚えている。 さっさと片付けないと眠ってしまうし、 常にこちらをどく状態にするのでキツい勝負になる。 クリアすると、バトルポイントをGET。 アザミを倒すとシンボルをもらえるのかも?


情報提供者

ハルトさん、にせつるさん、龍蛇さん、月影さん、ヒロ(仮名)さん



▲このページの先頭へ戻る

ポケットモンスターの著作権は、任天堂等の各社にあります。当ファンサイトは、各企業、公式サイトとは一切関係ありません。
Copyright © 2002-2012 ポケモン攻略、総合情報サイト「PokeData」 All rights reserved.